医療レーザー脱毛おすすめクリニックnavi【沖縄編】
医療レーザー脱毛おすすめクリニックnavi沖縄編
沖縄県内のおすすめ医療レーザー脱毛クリニック完全ガイド
1位 Joe Clinic
2位 ジョウクリニック
3位 当山美容形成外科
医療レーザー脱毛 沖縄navi » 医療レーザー脱毛とは?脱毛前にチェックしたいこと【沖縄編】 » 医療レーザー脱毛、効果のほどは?

医療レーザー脱毛、効果のほどは?

 医療レーザー脱毛とは、美容クリニックなどの医療機関で、医療用のレーザー機器を使って脱毛を行うこと。

黒や茶色といった色の細胞組織(つまり毛や毛根部分)にのみ影響を与える光を肌に照射し、その部分にダメージを与えることによって脱毛を行う施術です。

同様の原理で脱毛をする「光脱毛(フラッシュ脱毛)」は医療機関ではないエステサロンでも受けることができます。

一方、「医療レーザー脱毛」は病院やクリニックなどの医療機関でしか許されていない強力な(高出力な)レーザー光で行う脱毛施術であるため、エステサロンの光脱毛より効果が出るのが早いとされています。

医師や看護師など医療の専門家によって施術される分、安心感が大きいのもメリットです。

医療レーザー脱毛にはどんな効果がある?

徐々に毛が薄くなり、毛穴が目立たなくなる

医療レーザー脱毛のいちばん大きな効果は、もちろん「毛が生えなくなる」というもの。

施術後暫くすると新しく生えてきた毛がポロポロと抜け出し、毛の質感も柔らかく変わると言われています。

毛穴も目立たなくなるので、続けて行けば美しいツルツル肌が手に入るでしょう。

1度目から効果を実感しやすい

光を使った脱毛は何度か通ううちに効果を実感できるというのが一般的です。

しかし医療レーザー脱毛の場合は効果が出るのが早く、1度目から変化を実感できる場合も多いようです。

気になる部位をとことん脱毛できる

医療レーザー脱毛の施術はかなり幅広い部位に対応できます。

気になりがちな両ワキや手足、顔などはもちろん、背中、お腹、お尻、下半身のVIOラインなど選べる範囲が多岐に渡るので、ムダ毛に悩む部分をしっかり改善できるでしょう。

美肌効果が期待できる

レーザーの光や熱は肌の奥にまで届きます。結果新陳代謝が上がり、細胞の活性化を促進。肌の弾力を保つコラーゲンの生成を促されるので、ぷるぷるの新しい肌に生まれ変わる手伝いをしてくれます。

また、カミソリで自己処理をすると肌表面に細かい傷を作り、くすみや色素沈着の原因に。ですが脱毛していればもう皮膚を傷つけることがなくなり、肌を美しく保つことができます。

ワキガなどの体臭を予防

人は汗をかきますが、汗は衣類やワキ毛に付着すると、雑菌が繁殖し臭いの原因になります。脱毛したら、わき毛がなくなりますので、汗が付着しにくくなり汗臭さを軽減できます。

そしてワキガですが、主な原因にはアポクリン汗腺から出る汗にあります。

汗そのものは臭いませんが、汗腺から出る汗には脂質やたんぱく質、アンモニアが含まれるため、雑菌が繁殖しやすくなります。

この雑菌が汗を分解する時にワキガ特有の臭いを放ちます。

医療レーザー脱毛はアポクリン汗腺にレーザーを当て、毛根を破壊するため臭いを軽減できます。

あくまでも脱毛ですので、ワキガの根本的な解決にはなりません。が、体臭を気にしているのであれば効果があります。

代表的なレーザー治療機器

医療レーザー脱毛に使われる機器は、病院によって多少異なります。今回は特に代表的とされる「アレキサンドライトレーザー」「ダイオードレーザー」「YAGレーザー」の3つの特徴について、それぞれ見てみましょう!

アレキサンドライトレーザー

最も知名度が高いアレキサンドライトと聞いておや?と思った方も多いでしょう。アレキサンドライトレーザーは、その名の通り宝石にも用いられる天然石、アレキサンドライトの結晶を利用したレーザー機器です。アメリカのキャンデラ社製「ジェントルレーズ」が最も有名ですが、他にもアポジーエリートやG-MaXなど、いくつかの種類が存在します。アレキサンドライトレーザーのメリットは、短い照射時間で広い範囲をしっかりと施術できるという点。以前は電気針でムダ毛を1本1本脱毛していく「針脱毛」という施術法が主流でしたが、現在ではこのレーザー光を照射することで決まった部位を短時間(10分~15分程度)で脱毛できます。また、日本人をはじめとする黄色人種の肌にも合うように調整されているので、肌トラブルが少ないのも魅力です。

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーは、アレキサンドライトレーザー以上に高い出力が得られると言われるレーザー機器です。レーザー発生源として天然石ではなく人工の結晶が用いられたもので、冷却装置が付いているため、ヤケドの心配はありません。代表的なものには毛根細胞を破壊する従来の方法ではなく、発毛因子を破壊して毛の再生を防ぐという新しい方向性で話題になった「メディオスターNeXT」が挙げられます。前述した通り冷却装置が付いていて比較的痛みが少ない点や、産毛や細い毛にもしっかりと作用する点などが特徴です。レーザー脱毛は基本的に太く濃い毛に反応しがちだと言われていますが、ダイオードレーザーであればより幅広い毛種に十分な効果が期待できます。

YAGレーザー

YAGレーザーもダイオードレーザーと同じく、人工的な結晶を用いたレーザー機器です。特徴としては脱毛効果の出にくい剛毛の方でも満足しやすいという点、肌が黒い方でも安心して受けられるという点などが挙げられます。肌のメラニン色素が多い方はヤケドをしやすいという理由から医療レーザー脱毛を受けられないことが多かったことから考えると、このYAGレーザーの存在は非常に嬉しいですね。代表的なものには、アメリカのキャンデラ社製の「ジェントルヤグ」があります。最新機種として、アレキサンドライトレーザーとYAGレーザーという異なる2つの波長を照射できる「GentleMaX」というものもあります。アレキサンドライトレーザーの即効性とYAGレーザーの汎用性を組み合わせた良いとこどりのレーザー機器なので、取り扱いクリニックが近くにあればぜひ検討してみてください。

レーザー脱毛機の特徴や効果についてもっと知りたい方はこちら>>

脱毛の効果を上げる際にやっておくべき事

医療レーザー脱毛さえ受ければ、抜群の効果が得られると思うかもしれませんが、効果は人によって千差万別。せっかく受けるのであれば、効果を上げるために、自分で準備できることはやっておきましょう。

◆毛を抜かない

施術を開始したら、自分で毛を抜くのは止めましょう。

脱毛が効果的に出来るのは毛が生えてから抜ける毛周期間中の、伸びている時期(成長期)の毛だけ。

自分で抜いてしまうと毛周期が乱れることとなり、効率的に行えなくなります。

この周期に合わせて施術することになるので、ポツポツと生えてきても我慢しましょう。

◆日焼けしない

使用するレーザーは、毛穴の黒い部分に集中して当たります。

そのため、肌が黒く焼けていると、威力が拡散されて効果が弱くなります。

また火傷のリスクが増えるため、肌が黒い場合施術ができなくなる可能性があります。

通院期間中はなるべく日焼けしないようにしましょう。

◆保湿する

きちんと保湿がされていない肌は、レーザーのダメージを残す原因に。

またダメージから肌の赤みが続いてしまうと、レーザーの出力を上げることが出来ないので、効果に時間がかかります。

脱毛時の通院頻度(通院回数)

医療レーザー脱毛は1度でも効果を実感しやすいと言いましたが、半永久的に毛が生えてこない状態にするには繰り返し通う必要があるとされています。

頻度は2ヶ月~3ヶ月に1回くらい(部位によって異なることもあります)。

回数としては頻度と同じく部位によって差がありますが、大体5~6回程度通えば毛穴が目立たなくなり、満足できる可能性が高いよう。

クリニックによっては○回目から割引、○回コースなど費用面でオトクになるプランや方法が設けられている場合もありますので、そういった割引情報もチェックしながら病院選びをすると良いかもしれません。

ツルツル美肌を手に入れよう!

このように、医療レーザー脱毛はエステサロンより高出力のレーザーで、脱毛や減毛効果を得ることができるのですね。

機器によっては肌の色や毛の太さ、体質に関わらず効果を実感できますから、非常に魅力的です。

但し、前述した通り医療レーザー脱毛は効果が高い反面、費用も高めだったり痛みが生じる可能性があったり……といったデメリットも存在します。

望める効果と予算、痛みへの免疫などを照らし合わせ、ぜひ最適な選択をしてくださいね。

<<沖縄でおすすめの医療レーザー脱毛クリニックBEST5>>