医療レーザー脱毛おすすめクリニックnavi【沖縄編】
医療レーザー脱毛おすすめクリニックnavi沖縄編
沖縄県内のおすすめ医療レーザー脱毛クリニック完全ガイド
1位 Joe Clinic
2位 ジョウクリニック
3位 当山美容形成外科
医療レーザー脱毛 沖縄navi » 医療レーザー脱毛とは?脱毛前にチェックしたいこと【沖縄編】 » 注意点とリスク

注意点とリスク

このページでは、医療レーザー脱毛で起こりうる注意点・リスクについて解説しています。

医療レーザー脱毛は安心・安全であるという言葉を目にすることがありますが、リスクが全く無いわけではありません。

まずはリスクについて知ることが第一。そして万が一皮膚トラブルなどが起こっても迅速な処置ができる、信頼できるクリニックを選ぶことが重要です。

日焼けした肌は火傷に注意

脱毛は、クリニック・エステサロン問わず様々なリスクが伴いますが、代表的なリスクと言えば、火傷です。

これはレーザーが黒色に反応して熱に変換されることで起こります。通常は火傷をしない程度に出力を調整しますが、日焼けした肌に照射すると、肌にもレーザー光が反応するため、火傷に繋がります

ニキビの原因となることも

レーザー照射により、肌のバリア機能が一時的に失われることがあります。これにより、顔まわりやうなじ、二の腕などにニキビができやすくなります

ニキビは2~3週間で治りますが、ごくまれに跡になることがありますので、ニキビができやすい方は注意が必要です。

脱毛の施術(通院)中に気をつけるべき注意点

毛抜きによる自己処理をしている場合、毛根ごと引き抜かれているため、レーザーが反応しにくくなります。

そのため、自己処理後の2週間~1ヶ月は脱毛を受けられません。また、脱毛施術を受けている間の日焼けも厳禁です。

施術後の3日間は大量の汗をかく運動、サウナ、熱い風呂は避け、そして入浴時は肌をこすらず素手で優しく洗うことをおすすめします。

脱毛後は日焼けをしないように紫外線対策をしっかり行ってください

また、脱毛後の肌は乾燥しやすくなっています。肌が乾燥すると、次回の施術で痛みを感じやすくなるため、ローションなどで保湿することをおすすめします。

脱毛後に注意するべきことは?

紫外線

医療レーザー脱毛をした後に紫外線に浴びるのは、ほとんどのクリニックで厳禁とされています。

レーザー脱毛は毛根そのものを破壊するほど強い刺激を与えるもの。刺激を受けた肌は非常に敏感な状態になっているのです。

そこで更に紫外線による刺激を与えてしまうと、赤みや炎症、やけどをしてしまう恐れも。また、肌のバリア機能が弱まり外部刺激を受けやすい状態になっているため、色素沈着が起こりやすくなっています。それによりしみ・そばかすが出来るリスクも高まってしまうのです。

その他、紫外線によってメラニン色素が増えると、レーザーがメラニンに反応し脱毛効果が弱まってしまいます。脱毛後は露出の少ない服で肌を隠したり、日焼け止めを塗ったりして紫外線対策をするようにしましょう。

自己処理

医療レーザー脱毛後の自己処理で危険なのは、毛抜きで毛を抜いたり脱毛ワックスなどを使用したりすること。

レーザーは毛根に反応して毛の組織を破壊していく仕組みです。毛を抜いてしまうと毛根ごと無くなってしまうため、レーザーに反応するものがなくなり、脱毛効果が弱まるのです。

また、埋もれ毛になるリスクが高まり肌トラブルの原因となる可能性も。医療レーザー脱毛後に毛が生えてきたらシェーバーやカミソリといった比較的肌への負担が少ない方法で自己処理を行いましょう。

当日のお風呂

医療レーザー脱毛後の入浴は避けるようにしましょう。レーザーを浴びた肌は思っているよりもダメージを受けています。施術後に冷却したとしても熱はなかなか冷めないもの。湯船につかると、更に肌が温まって血行が促され、赤みや痒み、腫れなどが発生することがあります。

また、肌のバリア機能が弱まっているため、湯船の中に潜んでいる雑菌で肌が荒れてしまうことも。施術を受けた当日はシャワーのみで入浴しましょう。

脱毛後のケア

脱毛後の肌はレーザーによる刺激で乾燥している状態です。クリームやローションを塗って保湿するようにしましょう。普段から使用しているスキンケアアイテムでも問題ありません。

いつもより多く保湿してあげると肌が潤い、肌トラブルを避けることができますよ。

もし脱毛後何時間も経っているのに火照っていることがあれば、保冷材や冷たいタオルなどで冷やすと火照りが解消されます。クリニックから処方された軟膏を塗るのもよいでしょう。

<<沖縄でおすすめの医療レーザー脱毛クリニックBEST5>>